ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

木村 英雄Hideo Kimura

前のページへ戻る

木村 英雄

氏名 木村 英雄
ふりがな きむら ひでお(Hideo Kimura)
職名 教授(Professor)
学位 薬学博士
専門分野
  • 薬理学
  • 生理学
  • 分子生物学
略歴
  • 1980年 東京大学薬学部卒業
  • 1985年 東京大学薬学博士(論文博士)
  • 1980~1990年 防衛医科大学校薬理学講座(教務職員を経て助手)
  • 1988~1999年 アメリカソーク研究所(ポスドク、スタフサイエンティストを経てシニアスタフサイエンティスト)
  • 1999~2017年 国立精神・神経医療研究センター(遺伝子工学研究部長を経て神経薬理研究部長)
  • 2017~2019年 国立精神・神経医療研究センター 特任研究員
  • 2019年~現在 山陽小野田市立山口東京理科大学薬学部薬理学分野教授

木村 英雄

主な研究課題

生理活性物質としての硫化水素(H2S)を1996年に提案し、その後、H2Sよりもさらにイオウ原子数の多いポリサルファイドH2Snがシグナル分子として働いていることを報告した。これまで、H2S及びH2Snの生合成経路、標的分子を明らかにし、その機能を解明した。これらの分子が関わる疾患の研究を通して、その治療法の開発を目指している。


主な著書・論文

  1. Abe, K. & Kimura, H.: The possible role of hydrogen sulfide as an endogenous neuromodulator. J. Neuroscience.16, 1066-1071, 1996.
  2. Hosoki, R., Matsuki, N. & Kimura, H. The possible role of hydrogen sulfide as an endogenous smooth muscle relaxant in synergy with nitric oxide. Biochem. Biophys.Res. Comm. 237, 527-531, 1997.
  3. Shibuya, N., Koike, S., Tanaka, M., Ishigami-Yuasa, M., Kimura, Y., Ogasawara, Y., Fukui, K., Nagahara, N. and Kimura, H. A novel pathway for the production of hydrogen sulfide from D-cysteine in mammalian cells. Nat. Commun. 4, 1366, 2013.
  4. Kimura, Y., Mikami, Y., Osumi, K., Tsugane, M., Oka, J-I, and Kimura, H. Polysulfides are possible H2S-derived signaling molecules in rat brain. FASEB J. 27, 2451-2457, 2013.

主な国際・国内活動

  • Antioxidants & Redox Signaling, Redox Pioneer
  • British Journal of Pharmacology, Editor
  • Scientific Reports, Editor
  • International Congress on Hydrogen Sulfide in Biology and Medicine, International Organizing Committee Member
  • 日本薬理学会 理事

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1