ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

中村 洋Hiroshi Nakamura

前のページへ戻る

中村 洋

氏名 中村 洋
ふりがな なかむら ひろし(Hiroshi Nakamura)
職名 講師(Junior Associate Professor)
学位 博士(政策科学)
専門分野 地域研究
略歴
  • 大阪大学工学部応用自然科学科卒業
  • 一般財団法人地球・人間環境フォーラム 企画調査部 研究員
  • 法政大学大学院社会科学研究科政策科学専攻修了
  • 法政大学大学院政策科学研究科政策科学専攻修了
SDGsの取組み icn_sdgs_goals_01.jpg icn_sdgs_goals_08.jpg icn_sdgs_goals_09.jpg icn_sdgs_goals_10.jpg icn_sdgs_goals_11.jpg icn_sdgs_goals_12.jpg icn_sdgs_goals_13.jpg icn_sdgs_goals_15.jpg icn_sdgs_goals_16.jpg icn_sdgs_goals_17.jpg

中村 洋

主な研究課題

地域における社会的な課題と将来に向けたニーズを明らかにする研究

 フィールドワークを中心として、人々の暮らしや、地域が培ってきた技術・知識、社会的な課題、将来に向けたニーズを明らかにする研究をしています。
 モンゴルでは、自然災害後の回復から取り残される人々の存在を明らかにし、そのような問題を解決するための政策や技術の在り方を検討する研究を行いました。日本では、産業界を中心として開発された社会イノベーションが、地域に受け入れられる要因や、地域ブランドとなっている農産品の気候変動への適応策のあり方について、成果と課題を明らかにし、今後、必要とされる仕組みを探る研究を行いました。
 また研究の成果から有効と考えられ、地域の人たちが望む技術を試行したり、普及したりするプロジェクトの立案・実施にも取り組んでいます。今後は山陽小野田市を中心として、地域の課題を解決するために、地域の人々の思いや技術をベースとして、より善い社会づくりに貢献できるような研究に取り組みたいと考えています。

 icn_sdgs_goals_01.jpg icn_sdgs_goals_08.jpg icn_sdgs_goals_09.jpg icn_sdgs_goals_10.jpg icn_sdgs_goals_11.jpg icn_sdgs_goals_12.jpg icn_sdgs_goals_13.jpg icn_sdgs_goals_15.jpg icn_sdgs_goals_16.jpg icn_sdgs_goals_17.jpg

主な著書・論文

  • 中村洋・白井信雄・田中充(2019). コミュニティ主導による気候変動への適応策~長野県高森町における市田柿の事例. 地域活性研究, 10.
  • 中村洋(2018). 産業社会と社会イノベーションの創造. 松岡俊二編「社会イノベーションと地域の持続性」(ISBN 978-4-641-16534-2), 有斐閣;東京, 46-68.
  • 中村洋・小林敏昭(2018). 南信州における地域独自の環境マネジメントシステムの社会的受容性に関する分析. 環境情報科学学術研究論文, 32, 209-214.
  • Nakamura, H, Rinchindorj, D., and Delgerjargal, S.(2017). The Impact of a Disaster on Asset Dynamics in the Gobi Region of Mongolia: An Analysis of Livestock Changes. Journal of Development Studies, 53(11), 1944-1961.
  • 中村洋(2015). モンゴル国における自然災害による家畜死亡要因の分析-同国ドンドゴビ県で2010年に発生した自然災害"ゾド"-. 国際開発研究, 24(2), 67-79.

主な国際・国内活動

  • 環境情報科学センター
  • 国際開発学会
  • 日本エネルギー環境教育学会

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1