ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

牛島 健太郎Kentarou Ushijima

前のページへ戻る

牛島 健太郎

氏名 牛島 健太郎
ふりがな うしじま けんたろう(Kentarou Ushijima)
職名 教授 (Professor)
学位 博士(薬学)
専門分野
  • 臨床薬理学
  • 薬物動態学
  • 時間生物学
略歴
  • 九州大学薬学部薬学科 卒業
  • 九州大学大学院薬学府 博士後期課程修了
  • 自治医科大学医学部 助教
  • 自治医科大学医学部 講師
  • 自治医科大学附属病院臨床薬理センター 講師
    (兼 薬物治療支援室長/臨床研究教育・支援室長)
    (Visiting Scholar, Feinberg School of Medicine, Northwestern University)

牛島 健太郎

主な研究課題

 研究テーマは「個体間および個体内変動要因解析に基づく薬剤学研究」です。医薬品の作用(治療効果および有害作用)の程度は患者さんごとに異なりものであり、これらを改善・克服する方法の開発を目指しています。
①.薬物動態の個人差は薬物治療の個体間変動を規定する要因の1つであり、臨床現場において効果的に薬物療法を実施するためには、これらの理解が必須です。体内の薬物濃度の時間推移を理解し、治療効果に与える影響を検証しています。さらに、薬物濃度の時間推移に個人差が生じる要因について、その分子メカニズムを明らかにしていきます。
②.個体内変動要因として、体内時計(時計遺伝子)を基盤とする生体システムに着目しています。地球上の多くの生物は、自転運動に伴う昼夜サイクルに順応するために体内時計を持ち、その生理機能をリズミカルに変容させています。このリズム性変動を分子レベルで捉えることで薬物による治療効果が向上することを、特に悪性腫瘍・糖尿病・高血圧を対象として研究しています。


主な著書・論文

  • 牛島健太郎;臨床薬物動態、薬物相互作用、薬理遺伝学:「Perspective 薬剤学 第3版」(編著)大戸茂弘, 京都廣川書店, pp375-434, 2019
  • 牛島健太郎、藤村昭夫;薬物相互作用:「今日の臨床サポート」(編)永井良三,福井次矢,木村健二郎,上村直実,桑島巌,今井靖,嶋田元, エルゼビア・ジャパン,2013
  • Suzuki C, Ushijima K, Ando H et al.: Induction of Dbp by a histone deacetylase inhibitor is involved in amelioration of insulin sensitivity via adipocyte differentiation in ob/ob mice. Chronobiol Int, in press
  • Ushijima K, Mizuta K, Otomo S, et al.: Case report: Increased tacrolimus blood concentration by Beni-Madonna - a new hybrid citrus cultivar categorised as 'Tangor', in a liver-transplant patient: likely furanocoumarin-mediated inhibition of CYP3A4 or P-glycoprotein. Br J Clin Pharmacol 84 (12): 2933-2935, 2018
  • Shimada K, Ushijima K, Suzuki C, et al.: Pulmonary administration of curcumin inhibits B16F10 melanoma lung metastasis and invasion in mice. Cancer Chemother Pharmacol 82(2): 265-273, 2018
  • Ushijima K, Ando H, Arakawa Y, et al.: Prevention against renal damage in rats with subtotal nephrectomy by sacubitril/valsartan (LCZ696), a dual-acting angiotensin receptor-neprilysin inhibitor. Pharmacol Res Perspect 5(4): e00336, 2017
  • Ando H, Ushijima K, Shimba S, Fujimura A.: Daily fasting blood glucose rhythm in male mice: A role of the circadian clock in the liver. Endocrinology 157(2): 463-469, 2016
  • Nakano K, Ushijima K, Ando H, Fujimura A, Morita T.: Enhancement of anticoagulant effect of warfarin in a bladder cancer patient during treatment with gemcitabine and cisplatin. Int Canc Conf J 4(4): 254-257, 2015
  • Ushijima K, Nakashima H, Shiga T, et al.: Different chronotherapeutic effects of valsartan and olmesartan in non-dipper hypertensive patients during valsartan treatment at morning. J Pharmacol Sci 127(1): 62-68, 2015
  • Ushijima K, Maekawa T, Ishikawa-Kobayashi E, et al.: Influence of beta-blockers on the myocardial mRNA expressions of circadian clock- and metabolism-related genes. J Am Soc Hypertens 7(2): 107-117, 2013
  • Ishikawa-Kobayashi E, Ushijima K, Ando H, Maekawa T, Takuma M, Furukawa Y, Fujimura A.: Reduced histone H3K9 acetylation at clock genes and abnormal glucose metabolism in ob/ob mice. Chronobiol Int 29(8): 982-993, 2012
  • Ushijima K, Koyanagi S, Sato Y, et al.: Role of activating transcription factor-4 in 24-hour rhythm of serotonin transporter expression in the mouse midbrain. Mol Pharmacol 82(2): 264-270, 2012
  • Ushijima K, Tsuruoka S, Tsuda H, et al.: Cranberry juice suppressed the diclofenac metabolism by human liver microsomes, but not in healthy human subjects. Br J Clin Pharmacol 68(2): 194-200, 2009

主な国際・国内活動

    <所属学会・委員>
  • 日本臨床薬理学会(指導薬剤師、認定薬剤師制度委員会副委員長)
  • 日本薬学会(医療薬科学部会 若手世話人)
  • 日本薬物動態学会
  • 日本TDM学会
  • 日本薬理学会
  • 日本時間生物学会 (評議員)
  • 日本医療薬学会
    <その他>
  • 国立医薬品食品衛生研究所 客員研究員
  • 自治医科大学医学部 非常勤講師

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1