ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

高田 誠Makoto Takada

前のページへ戻る

高田 誠

氏名 高田 誠
ふりがな たかだ まこと (Makoto Takada)
職名 助教 (Assistant Professor)
学位 博士(医療薬学)
専門分野
  • 分析科学
略歴
  • 福岡大学薬学部薬学科 卒業
  • 長崎国際大学大学院薬学研究科博士課程 修了
  • 長崎国際大学薬学部 助手
SDGsの取組み icn_sdgs_goals_03.jpg

高田 誠

主な研究課題

迅速かつ簡便な医薬品の分析法開発とそれら薬物の相互作用の評価に関する研究

多剤併用療法が適用される医薬品類について、最新の分析技術を駆使してこれらの分析法の開発を行う。さらに開発した方法を用いた薬学的応用研究を通して新たな科学的エビデンスの獲得を目指す。

主な研究テーマ
1)HPLC-蛍光、-化学発光あるいは-質量分析検出などの高感度分析法を用いた生理活性物質および医薬品などの定量法の開発とその実用展開
2)高分子医薬品の新規HPLC定量法の開発と低分子医薬品との薬物相互作用評価への応用

icn_sdgs_goals_03.jpg

主な著書・論文

  • Takada M., Ohba Y., Kamiya S., Kabashima T., Nakashima K., Luminescence, 34, 347-352 (2019).
  • Wada M., Yamaguchi A., Ogawa A., Kido H., Nakamura S., Takada M., Kawakami S., Kuroda N., Nakashima K., Analytical Sciences, 33, 249-252 (2017).
  • Wada M., Yamasaki Y., Nakamura S., Takada M., Kawakami S., Nakashima K., Chromatography, 37, 141-145 (2016).
  • Nakano K., Ando H., Kurokawa S., Hosohata K., Ushijima K., Takada M., Tateishi M., Yonezawa A., Masuda S., Matsubara K., Inui K., Morita T., Fujimura A., Cancer Chemotherapy and Pharmacology, 75, 1191-1197 (2015).
  • Suzaki Y., Uemura N., Takada M., Ohyama T., Itohda A., Morimoto T., Imai H., Hamasaki H.,Inano A., Hosokawa M., Tateishi M., Ohashi K., European Journal of Clinical Pharmacology, 69, 21-30 (2013).
  • Kumazaki M., Ando H., Ushijima K., Maekawa T., Motosugi Y., Takada M., Tateishi M., Fujimura A., Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics, 338, 718-723 (2011).
  • Liu Y., Ushijima K., Ohmori M., Takada M., Tateishi M., Ando H., and Fujimura A., Journal of Pharmacological Sciences, 115, 196-204 (2011).
  • Hayama T., Takada M., Analytical and Bioanalytical Chemistry, 392, 969-976 (2008).

主な国際・国内活動

  • 日本薬学会
  • 日本分析科学会
  • 日本臨床化学会

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1