ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

澁谷 典広Norihiro Shibuya

前のページへ戻る

澁谷 典広

氏名 澁谷 典広
ふりがな しぶや のりひろ (Norihiro Shibuya)
職名 准教授(Associate Professor)
学位 博士(薬学)
専門分野
  • 薬理学
  • 生化学
略歴
  • 明治薬科大学薬学部卒業
  • 明治薬科大学大学院薬学研究科修士課程修了
  • 大阪大学大学院工学研究科博士後期課程単位取得退学
  • 農業生物資源研究所非常勤特別研究員
  • 国立精神・神経医療研究センター神経研究所流動研究員
  • 国立精神・神経医療研究センター神経研究所室長

澁谷 典広

主な研究課題

 生体内の硫化水素(H2S)とポリサルファイド(H2Sn)について研究しています。H2Sは、不快な臭いの原因になることから生活環境を損なうおそれがある物質として規制されるなど、一般的には負のイメージが先行します。ところが、そのH2Sを産生する酵素が生体には存在します。そしてH2Sは、神経伝達調節や血管平滑筋弛緩、細胞保護、インスリン分泌調節などの多彩な作用を有しています。最近では硫黄原子が連結したH2Snにも関心が集まっていますが、H2SnはH2Sよりも低い濃度で抗酸化作用や神経細胞の分化促進作用を発揮できることがわかってきました。H2SとH2Snは、精神・神経疾患をはじめとして、血圧制御やがん増殖因子の制御等への関与も示唆されています。本研究を通じて、H2SとH2Snの産生経路や生理機能を解明するとともに、新規疾患治療薬の開発基盤を確立したいと考えています。


主な著書・論文

  • 渋谷典広: 硫化水素とポリサルファイドの産生機構. 日本薬理学雑誌, 2018; 152, 216-222. DOI:10.1254/fpj.152.216.
  • Kimura Y, Koike S, Shibuya N, Lefer D, Ogasawara Y, Kimura H. 3-Mercaptopyruvate sulfurtransferase produces potential redox regulators cysteine- and glutathione-persulfide (Cys-SSH and GSSH) together with signaling molecules H2S2, H2S3 and H2S. Sci Rep. 2017; 7, 10459. DOI:10.1038/s41598-017-11004-7.
  • Koike S, Shibuya N, Kimura H, Ishii K, Ogasawara Y. Polysulfide promotes neuroblastoma cell differentiation by accelerating calcium influx. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2015; 459, 488-492. DOI:10.1016/j.bbrc.2015.02.133.
  • Koike S, Ogasawara Y, Shibuya N, Kimura H, Ishii K. Polysulfide exerts a protective effect against cytotoxicity caused by t-buthylhydroperoxide through Nrf2 signaling in neuroblastoma cells. FEBS Lett. 2013; 587, 3548-3555. DOI:10.1016/j.febslet.2013.09.013.
  • Mikami Y, Shibuya N, Ogasawara Y, Kimura H. Hydrogen sulfide is produced by cystathionine γ-lyase at the steady-state low intracellular Ca2+ concentrations. Biochem. Biophys. Res. Commun. 2013; 431, 131-135. DOI:10.1016/j.bbrc.2013.01.010.
  • Shibuya N, Koike S, Tanaka M, Ishigami-Yuasa M, Kimura Y, Ogasawara Y, Fukui K, Nagahara N, Kimura H. A novel pathway for the production of hydrogen sulfide from D-cysteine in mammalian cells. Nat. Commun. 2013; 4, 1366. DOI:10.1038/ncomms2371.
  • Shibuya N, Kimura H. Production of hydrogen sulfide from d-cysteine and its therapeutic potential. Front Endocrinol (Lausanne). 2013; 4, 87. DOI:10.3389/fendo.2013.00087.
  • Mikami Y, Shibuya N, Kimura Y, Nagahara N, Yamada M, Kimura H. Hydrogen sulfide protects the retina from light-induced degeneration by the modulation of Ca2+ influx. J. Biol. Chem. 2011; 286, 39379-39386. DOI:10.1074/jbc.M111.298208.
  • Mikami Y, Shibuya N, Kimura Y, Nagahara N, Ogasawara Y, Kimura H. Thioredoxin and dihydrolipoic acid are required for 3-mercaptopyruvate sulfurtransferase to produce hydrogen sulfide. Biochem. J. 2011; 493, 479-485. DOI:10.1042/BJ20110841.
  • Shibuya N†, Mikami Y†, Kimura Y, Nagahara N, Kimura H. Vascular endothelium expresses 3-mercaptopyruvate sulfurtransferase and produces hydrogen sulfide. J. Biochem. 2009; 146, 623-626. DOI: 10.1093/jb/mvp111. †equally contribution. 日本生化学会JB論文賞(第18回)
  • Shibuya N, Tanaka M, Yoshida M, Ogasawara Y, Togawa T, Ishii K, Kimura H. 3-Mercaptopyruvate sulfurtransferase produces hydrogen sulfide and bound sulfane sulfur in the brain. Antioxid. Redox Signal. 2009; 11, 703-714. DOI:10.1089/ARS.2008.2253.

主な国際・国内活動

  • 日本薬学会
  • 日本薬理学会
  • 日本生化学会
  • 日本神経科学会
  • 国立精神・神経医療研究センター客員研究員

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1