ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

薄井 典子Noriko Usui

前のページへ戻る

薄井 典子

氏名 薄井 典子
ふりがな うすい のりこ (Noriko Usui)
職名 助手 (Research Associate)
学位 修士(薬学)
専門分野 有機化学 分析化学
略歴
  • 共立薬科大学薬学部卒業
  • 共立薬科大学大学院薬学系研究科博士前期課程修了
  • 東京大学大学院薬学系研究科
  • 共立薬科大学研究開発センター
  • 生物科学安全研究所 研究員 主任研究員
SDGsの取組み icn_sdgs_goals_03.jpg

薄井 典子

主な研究課題

新しい制がん剤の開発

がんは今でも死亡率の1位の疾患です。治療法の一つである化学療法では、現在臨床で使用されている抗がん剤は数多く存在します。しかし、これらの多くは、がん細胞DNAや増殖に寄与するタンパク質等を標的として様々な作用機序により制がん効果を示す一方で、正常細胞にも影響を与えてしまい、副作用が多いという問題があります。DNAに直接作用する抗がん剤の中でシスプラチンのようなクロスリンク剤は強力な抗腫瘍効果を有します。このシスプラチンの副作用の一因は、重金属である白金を含むことであると推測し、構造に重金属を含まず、平面骨格を持つ芳香環構造または直鎖状アルキル化剤であるブスルファンに着目した直鎖状構造でDNAと直接反応する2個の官能基を有する化合物が合成されてきました。これらの化合物がDNAのどの塩基と結合して制がん活性を有しているかを明らかとすることで新しい制がん剤を開発し、がんの制御を目標とします。

icn_sdgs_goals_03.jpg

主な著書・論文

M.Tanabe, T.Fukushima, N.Usui, N.Aoyama, M.Tsunoda, K.Imai, Intravenous administration of 2,7,8-trimethyl-2-(β-carboxyethyl)-6-hydroxy chroman (γ-CEHC) to rats and determination of its plasma concentration and urinary sodium excretion. Biomed. Chromatogr.,18, 727-734 (2004).
M.Saito, T.Santa, M.Tsunoda, H.Hamamoto, N.Usui, An automated analyzer for vancomycin in plasma samples bu column-switching hogh-performance liquid chromatography with UV detection. Biomed. Chromatogr.,18, 735-738 (2004).
T.Fukushima, N.Usui, T.Santa and K.Imai, Recent progress in derivatization methods for LC and CE analysis. (Review)J. Pharm. Biomed. Anal., 30, 1655-1687 (2003).
L. Li, Y. Abe, K. Kanagawa, N. Usui, K. Imai, T. Mashino, M. Mochizuki and N.Miyata, Distinguishing the 5,5-dimethyl-1-pyrroline N-oxide (DMPO)-OH radical quenching effect from the hydroxyl radical scavenging effect in the ESR spin-trapping method. Analitica Chimica Acta, 512, 121-124 (2004).
L. Li, Y. Abe, Y. Nagasawa, R. Kudo, N. Usui, K. Imai, T. Mashino, M. Mochizuki and N. Miyata, An HPLC assay of hydroxyl radicals by the hydroxylation reaction of terephthaic acid. Biomed. Chromatogr.,18, 470-474 (2004).
T. Mashino, N. Usui, K. Okuda, T. Hirota and M. Mochizuki, Respiratory chain inhibition by fullerene derivatives: Hydrogen peroxide production caused by fullerene derivatives and respiratory chain system. Bioorg. Med. Chem., 11, 1433-1438 (2003)
T. Mashino, D. Nishikawa, K. Takahashi, N. Usui, T. Yamori, M. Seki, T. Endo amd M. Mochizuki, Antibacterial and antiproliferative activity of cationic fullerene derivatives. Bioorg. Med. Chem. Lett., 13, 4395-4397 (2003).


主な国際・国内活動

  • 日本薬学会
  • 分析化学会
  • 食品衛生学会
  • 家畜衛生学会

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1