ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

秦 慎一Shinichi Hata

前のページへ戻る

秦 慎一

氏名 秦 慎一
ふりがな はた しんいち (Shinichi Hata)
職名 助教(Assistant Professor)
学位 博士(工学)
専門分野
  • コロイド・界面化学
  • 有機材料化学
  • エネルギー・資源変換材料
略歴
  • 東京理科大学工学士、工学修士、博士(工学)
  • 九州大学 カーボンニュートラルエネルギー国際研究所 学術研究員
  • 山陽小野田市立山口東京理科大学 工学部 博士研究員
  • 首都大学東京 都市環境学部 特任助教
研究シーズ 詳細はこちらから 

秦 慎一

主な研究課題

フレキシブル熱電発電モジュールの設計に向けた有機材料の開発

膨大なCO2排出量を改善するため、化石燃料由来の熱エネルギーを電気エネルギーへ変換する電変換材料が注目されている。我々は、クラスターサイズの金属または半導体を導電性高分子やカーボンナノチューブと複合させることで、高い特性を有する有機熱電変換材料の開発に成功している。従来の無機系材料でカバーできない用途への適用性の観点から、軽量性・柔軟性のあるこれらの有機熱電材料は、工場などの円筒状の配管パイプに対し密着して装着でき、さらなる可能性を示している。今後、最も理想的な方法で民生応用可能な有機熱電発電モジュールを作製するとともに、そのモジュールで得られる電力を向上させることを目指す。

有機金属化合物を付与した両親媒性物質が形成する薬物・DNA封入カプセルの開発と応用

がんや遺伝子治療分野にて、目的の部位に薬物・DNAを送達する技術は副作用が生じることなくその効用を高める方法として極めて有効である。近年、多くの研究者が薬剤・DNA封入できる超分子構造体ベシクルの形態制御に注目し、それを達成する両親媒性物質の開発に取り組んでいる。本研究では、酸化還元活性な有機金属化合物フェロセンを導入した両親媒性物質を合成し、形成されたベシクルが電気化学反応により消失させることに成功している。今後、この電気化学応答性ベシクルの表面に適切な官能基を付与し、生体内での安全性を高めるなどの検討を行い、この材料をバイオマテリアルの中核材料へと近づける。


主な著書・論文

  • "Carbon neutral energy cycles using alcohols", Science and Technology of Advanced Materials, 19, 142-152, 2018.
  • "Novel Preparation of Poly(3,4-ethylene dioxythiophene)-Poly(styrenesulfonate)-Protected Noble Metal Nanoparticles as Organic-Inorganic Hybrid Thermoelectric Materials", Bulletin of The Society of Scientific Photography of Japan, 27, 13-18, 2017.
  • "Improved Thermoelectric Behavior of Poly(3,4-ethylene dioxythiophene)-Poly(styrenesulfonate) using Poly(N-vinyl-2-pyrrolidone)-coated GeO2 Nanoparticles", Chemistry Letters, 46, 933-936, 2017.
  • "Hydrogenation of oxalic acid using light-assisted water electrolysis for the production of an alcoholic compound", Green Chemistry, 18, 3700-3706, 2016.
  • "Control of Dual Stimuli-Responsive Vesicle Formation in Aqueous Solutions of Single-Tailed Ferrocenyl Surfactant by Varying pH and Redox Conditions", Journal of Oleo Science, 63, 239-248, 2014.

主な国際・国内活動

  • 日本化学会会員
  • 触媒学会会員
  • 材料技術討論会 口頭講演賞(2010年)
  • 色材協会研究発表会 優秀ポスター賞(2011年)
  • 12th Australia-Japan Colloid & Interface Science Symposium Poster Prize(2011年)

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1