ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

太田 雄大Takehiro Ohta

前のページへ戻る

太田 雄大

氏名 太田 雄大
ふりがな おおた たけひろ (Takehiro Ohta)
職名 准教授 (Associate Professor)
学位 博士(工学)
専門分野
  • 生物無機化学
  • 錯体化学
  • 物理化学
  • 分光学
略歴
  • 京都大学学士(工学)、修士(工学)、博士(工学)
  • 分子科学研究所 IMSフェロー
  • 岡崎統合バイオサイエンスセンター 日本学術振興会特別研究員
  • スタンフォード大学 化学科 博士研究員
  • 筑波大学計算科学研究センター 博士研究員
  • 九州大学 先導物質化学研究所 助教
  • 兵庫県立大学 生命理学研究科 特任講師

太田 雄大

主な研究課題

エネルギー変換に関わる金属酵素化学モデルの研究

各種金属酵素が触媒する小分子(酸素、水、二酸化炭素、炭化水素など)活性化は、持続可能な化学エネルギーの創出において重要な化学反応である。それらの化学原理を学ぶために、錯体化学的な研究により反応機構を解明する。得られた知見をもとに、分子触媒の創製を目標とする。

分子触媒固定電極の開発

分子触媒を各種電極材料へ固定化し、低過電圧で反応する触媒材料を開発する。

金属タンパク質の分光学的研究

各種分光法(共鳴ラマン、磁気円二色性、および大型放射光施設を利用した核共鳴非弾性散乱分光など)を用いて、金属タンパク質の分子機構に関する重要課題の解決を図る。

主な著書・論文

原著論文

  • The Secondary Coordination Sphere and Axial Ligand Effects on Oxygen Reduction Reaction by Iron Porphyrins: A DFT Computational Study, J. Biol. Inorg. Chem., 21 (5-6), 745-755 (2016).
  • The Secondary Coordination Sphere Controlled Reactivity of a Ferric-Superoxo Heme: Unexpected Conversion to a Ferric Hydroperoxo Intermediate by Reaction with a High-spin Ferrous Heme, Chem. Commun., 52 (45), 7213-7216 (2016).
  • A Cryo-generated Ferrous-superoxo Porphyrin: EPR, Resonance Raman and DFT studies, Chem. Commun., 51 (62), 12407-12410 (2015).
  • Axial Ligand Effects on Vibrational Dynamics of Iron in Heme Carbonyl Studied by Nuclear Resonance Vibrational Spectroscopy, J. Phys. Chem. B, 116 (47), 13831-13838 (2012).
  • Near-IR MCD of the Non-Heme Ferrous Active Site in Naphthalene 1,2-Dioxygenase: Correlation to Crystallography and Structural Insight into the Mechanism of Rieske Dioxygenases, J. Am. Chem. Soc., 130 (5), 1601-1610 (2008).
  • The Structure of the Hyponitrite Species in a Heme Fe-Cu Binuclear Center, Angew. Chem. Int. Ed., 46 (13), 2210-2214 (2007).
  • Excited State Property of Hardly Photodissociable Heme-CO Adduct Studied by Time-Dependent Density Functional Theory, J. Phys. Chem. B, 109 (44), 21110-21117 (2005).
  • Oxygen Sensing Mechanism of HemAT from Bacillus subtilis: A Resonance Raman Spectroscopic Study, J. Am. Chem. Soc., 126 (46), 15000-15001 (2004).
  • A Theoretical Study of Alcohol Oxidation by Ferrate, J. Org. Chem., 66 (12), 4122-4131 (2001).
  • Synthesis, Structure, and H2O2-Dependent Catalytic Functions of Disulfide-Bridged Dicopper(I) and Related Thioether-Copper(I) and Thioether-Copper(II) Complexes, Inorg. Chem., 39 (19), 4358-4369 (2000).
  • Dioxygen Cleavage and Methane Activation on Diiron Enzyme Models: A Theoretical Study, J. Am. Chem. Soc., 119 (50), 12311-12321 (1997).

総説

  • 核共鳴非弾性散乱分光法による鉄含有生体分子の振動構造解析, 日本結晶学会誌, 56 (5), 329-335 (2014).
  • Resonance Raman Characterization of Mononuclear Heme-Peroxo Intermediate Models, Coord. Chem. Rev., 257 (2), 407-413 (2013).
  • Resonance Raman Investigation on the Specific Sensing Mechanism of a Target Molecule by Gas Sensory Proteins, Inorg. Chem., 44 (4), 758-769 (2005).
  • メタンモノオキシゲナーゼ(MMO)によるメタン-メタノール変換の反応機構, 日本化学会誌, 1998 (7), 451-459 (1998).

主な国際・国内活動

  • 日本化学会・錯体化学会・日本蛋白質科学会 会員
  • スタンフォード大学 (Stanford University, USA) 博士研究員 (2005-2007年度)

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1