文字サイズ 標準

山陽小野田市立山口東京理科大学
山陽小野田市立山口東京理科大学は総合教育と専門教育を通じて未来を担う科学技術者の育成を目指します。
〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1 TEL:0836-88-3500
無題ドキュメント

Only One 教育Only one education

前のページへ戻る

学生の個性を大切に育てるプログラム

[1]チューター制度

チューター制度

1対1で学習から生活までアドバイス

学生1人ひとりに担当教員チューターを設け、学習・生活指導を定期的に実施。 1対1だから、学習や進路はもちろん、大学生活の悩みも相談できます。また、チューターは学生の出欠状況も把握。必修科目を続けて欠席した学生には面談するなど、細やかに対応します。


[2]習熟度別少人数授業

習熟度別少人数授業

自分の理解力に合わせて学べる

専門科目を学ぶための基礎となる数学や物理学の知識を確実に身につけておくために、1年次の数学・物理学・英語に習熟度別の少人数クラスを設けています。 まず、確認テストを行い、自分の理解度を確かめ、学びたいクラスを選択します。「確実に基礎が身につく」と学生の満足度が高いシステムです。


[3]学習サポート教室

学習サポート教室

疑問をすぐに解消できる質問センター

「高校で習っていない分野がある」「授業で理解できないところがあった」、 そんな不安を解消する強い味方が、学習サポート教室。若手教員の個別指導やグループ指導を通して、一般科目から専門科目まで授業で理解できなかった点や疑問を解決し、知識を着実に身につけていくことができます。


[4]基礎科目クォーター制

ポートフォリオの作成

短期間に集中して学習する

1年次の数学・物理など重要な基幹基礎科目は、週2,3回授業を行い、8週間で授業が完結する「クォーター制(4学期制)」を導入しています。短期間に1つの科目を集中して学習することで、高校から大学への接続をスムーズに行い、学生の理解度と学習効果を高めることを目指しています。


[5]ピアサポート制度

ピアサポート制度

先輩学生のサポートは強い味方

新入生が学業面や勉学面で不安を感じていることに対して、先輩学生の「ピアサポーター」が新入生の支援を行う制度です。ピア(peer)は「仲間」という意味で、教職員とは違った立場で、いち早く大学生活を経験した先輩だからこそ理解できる、新入生の悩みや相談に的確に応じることができます。


[6]ポートフォリオの作成

ポートフォリオの作成

自分の学習達成度がよくわかる

学期の最初に科目履修計画と自己点検表(ポートフォリオ)を自分で作成。この計画を実行して、学習の達成度を自分で評価(自己点検)し、学力向上を図ります。また、学習達成度の自己点検は半年ごとに行い、評価についてはチューターによるチェックとアドバイスを受けることができます。


[7]シラバス(学習支援計画書)

シラバス(学習支援計画書)

科目ごとの目標がひと目でわかる

シラバスは授業概要や達成目標、各回ごとの授業内容を明確に記載しています。学生はシラバスを参考に、自らの目標や学習スタイルと授業内容が合うかを確認しながら履修プランを立てます。必要な科目や単位数のほか、達成目標に対して自分が強化すべき点もわかるので計画的に勉強できます。

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1


関連ページ