文字サイズ 標準

山陽小野田市立山口東京理科大学
山陽小野田市立山口東京理科大学は総合教育と専門教育を通じて未来を担う科学技術者の育成を目指します。
〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1 TEL:0836-88-3500
無題ドキュメント

表彰Commendation

前のページへ戻る

平成28年度 学生表彰式

平成29年1月31日(火)11時30分
於 3号館1階 パルテール

時間内容
11時30分 開式
11時30分

表彰状授与

学長挨拶

<最優秀賞>
  • 工学研究科工学専攻 博士課程 2年 大島 啓佑
  • 自動車部(学生フォーミュラチーム)
学生部長挨拶

<優秀賞>
  • 機械工学科 3年 楊 帥
<功労賞>
  • 平成28年度スポーツ大会実行委員会
  • 第22回竜王祭実行委員会
<奨励賞>
  • HMS
  • 教育研究サークル
  • 住吉まつり龍舞ボランティア(学生宿舎有志)
  • 応用化学科 4年 吾妻 のぞみ
11時45分 受賞者挨拶
  • 機械工学科 4年 柿原 崇寛
11時50分 記念撮影

最優秀賞

大島 啓佑(工学研究科 工学専攻 博士課程 2年)

日本学術振興会の特別研究員制度に申請した結果、平成29年度日本学術振興会特別研究員に採用されることが内定した。また、第63回高分子年次大会では「高分子錯体とCNTを含む高分子ハイブリット膜の熱電交換特性」を題目にポスター発表し、発表内容、プレゼンテーション、質疑応答などにおいて優れた研究であると認められ、優秀ポスター賞を受賞した。

自動車部(学生フォーミュラチーム)

学生フォーミュラチームに所属した25名の部員は、第14回全日本学生フォーミュラ大会に向け、根気よく活動に取り組み、決められたプロセスやルールに従い既定の車両を完成させ、全員で大会出場を成し遂げた。大会では全種目完遂完走を果たし106校中20位という結果を残し、自動車部品工業会会長賞を受賞した。また、「山陽小野田市かがく博覧会」や「図書館フェスティバル」において、マシンの展示を行ない、山陽小野田市立山口東京理科大学の広報活動にも大きく貢献した。

優秀賞

楊 帥(機械工学科 3年)

日本国際連合協会山口県本部主催の「第27回外国人による日本語スピーチコンテスト」において、「ひとりひとりの交流は誤解や偏見の解毒剤」というテーマで、アルバイトなどで相手を尊重したコミュニケーションにより、お互いの国への誤解や偏見が解消された経験をスピーチし、審査の結果、最優秀賞を受賞した。

功労賞

平成28年度スポーツ大会実行委員会

文化会本部と各公認団体の部長や部員が中心となり委員会を結成、大会の企画・準備・運営に主体的に取り組んだ。今年度は、学生とチューターで編成された全8チームが参加し、ソフトバレーボール、サッカー、リレー、ドッチビーの4種目で対戦、学生同士や学生と教職員の親睦を深める場となり、大会を見事に成功させた。

第22回竜王祭実行委員会

今年度の第22回竜王祭は「START・DASH!!」をテーマに揚げ、企画・準備・運営に取り組んだ。このテーマには山陽小野田市立山口東京理科大学となって初の竜王祭を迎えるにあたり、今まで築いてきた伝統を引き継ぎ、さらに進化させた竜王祭を、新たにスタートし全力で走りきるという思いが込められている。当日は声優をゲストに迎えたトークショーや、学生応援歌を作詞作曲したソルジェンティによるライブ、地域団体や他大学による演舞等、趣向を凝らした多彩な企画でステージや観客を盛り上げた。また、地域の幼稚園や保育園の園児たちが制作した「竜」をテーマにした作品の展示、レノファ山口FCのパブリックビューイング等、新しい試みにも挑戦した。初日は、天候の影響で雨天時のタイムスケジュールとなったが、大きな混乱や事故もなく学園祭を無事に成功させた。また、竜王祭実行委員会は、「お祝い夢花火」等の地域行事にも積極的に参加し、地域事業に大いに貢献した。

奨励賞

HMS

「住吉まつり」「山陽小野田市かがく博覧会」「図書館フェスティバル」等の地域行事に積極的に参加し、小中学生を対象とした理科の実験教室を行なった。山陽小野田市立図書館から依頼があり取り組んだ「夏休み!ワクワク!サイエンス教室」では、宇部日報の取材を受け、その取材が取り上げられた。地域行事を通して理科の実験の楽しさを知ってもらう活動は、参加者から大変好評であり、地域に大いに貢献した。

教育研究サークル

教育ボランティアとして、年間を通して定期的に山陽小野田市内小中学校の現場に赴き、先生方の補助教員的立場から児童・生徒の教育指導を行なった。また、体育祭や学習発表会等の学校行事にも積極的に参加し協力した。各学校からは非常に高く評価されており、社会貢献に留まらず、山陽小野田市立山口東京理科大学の名誉を高めた。J

住吉まつり龍舞ボランティア(学生宿舎有志)

住吉まつり龍舞ボランティアは、住吉まつり復活委員会からの要請に応え、学生宿舎の1年生を中心に結成された。今年で5年目となる「復活!住吉まつり」に向け、4月下旬から体育館で毎週練習を重ね、当日は小野田工業高校から住吉神社までの沿道をパレードし、メインステージでは大勢の観衆の前で勇ましい龍舞の演舞を披露した。華麗に舞う竜の姿に場内からは拍手が沸き起こり、観衆たちを魅了した。大学代表として住吉まつりに参加し龍舞を披露したことは、地域との確かな絆を深め、地元に愛される大学として地域社会に大いに貢献した。

吾妻 のぞみ(応用化学科 4年)

平成29年度山口県公立学校教員採用候補者試験に合格し、中学校の理科教員に採用されることが内定した。教職課程に必要な科目においても優秀な成績を収め、教育研究サークルの教育ボランティア活動も積極的に行なった。

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1


関連ページ