ロード終了時にサウンドを鳴らす場合、ショートカットキー「Alt + Shift + n」を実行してください。

背景色
文字サイズ

学長挨拶Greeting from the president

前のページへ戻る

学長 望月 正隆

 本学を構成する薬学部と工学部という組み合わせを不思議に感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、よくよく考えるとおかしくはありません。人が病気になって苦しんでいるときに薬を届け、また新薬を創り出す薬剤師PHARMACIST。生活に何かが不足しているときに古いものを修理し、また新しいものを創り出して、人の生活をよりよいものに変える技術者ENGINEER。どちらも人の役に立つことをめざす職業人PROFESSIONALです。報酬は目的ではありません。ただ、困っている人の手助けをしたい。そんな心を作り出す学び舎が薬学部と工学部です。そして薬学は工学から学び、工学は薬学から学んで、新しい薬工連携の学際領域を創り出します。
 薬学部は6年間で学士(薬学)を、そして一部の方は博士課程4年間、最大10年間でさらに立派な医療人である博士(薬学)を目指します。
 工学部は4年間で学士(工学)を、そして一部の方は修士課程2年間、博士後期課程3年間、最大9年間でさらに立派な研究者である博士(工学)または博士(理学)を目指します。
 どちらも、人のために生きることに大きな喜びを感じることができる学問です。また、中には教育者として後輩を育てることになる人もいるはずです。山陽小野田市立山口東京理科大学は、そのような学び舎です。
 山陽小野田市民と、山口県の産業に携わる大勢の人々の応援のもと、この地で学生と教員で新しい学際領域の学問を磨き上げ、人のために役立つ楽しさを共に味わいましょう。

山陽小野田市立山口東京理科大学

望月 正隆

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1